渋谷の高級デリヘルで豪遊する

自分にとっての豪遊は、渋谷の高級デリヘルを利用することが真っ先に浮かびます。やはり、パチンコで儲けたお金は、その日のうちに使い切ってしまうというのがスッキリします。お金を貯めても良いのですが、所詮はギャンブルで儲けたものなので、僕の中では自分のために思い切り使うという信念があります。

渋谷のパチンコ店は、昔から僕にとっては庭のようなもの。出玉の具合が良いので、そこで軍資金を大きく膨らませて、あとは高級デリヘルを利用するという流れが最近の状況です。自宅にも来てくれるので、時間帯を問わずに風俗を利用したいという気持ちを汲み取ってくれます。

いつもはパチンコを終えてからの利用なので、夕方以降、もしくは深夜にオーダーすることもあります。今回は早めの利用ということもあって、まだ外が明るいうちに高級デリヘルを利用しました。夕焼けにまみれて訪れてくれた高級デリヘル嬢は、渋谷の駅を歩いていれば、きっとスカウトに声をかけられてもおかしくないほどのスタイル。モデルの仕事もしたことがあるみたいで、ほんの少しだけ芸能界に居たこともあったようです。そんな女性がゴロゴロ在籍している渋谷の高級デリヘルは、やはり侮れない存在です。

人気が高まると、どうしても予約が取りにくくなってしまうのが高級デリヘルのデメリット。この子も入店して2週間くらいしか経過していないのですが、これからは本指名のお客さんが増えそうな感じです。雰囲気も良いですし、明るいキャラが元気にさせてくれます。もちろん、僕のムスコも元気にしてくれるいやらしさも備えています。

シャワーを終えてベッドに移ると、トロンとした目で僕の股間をまさぐり、バスタオルを外してフェラを始める彼女。まだ10代とは思えないほどのテクニックは、まぎれもなく本物です。この逸材は風俗業界でも目覚ましく成長するだろうと思うほど、秘められた存在感を放っています。僕の股間をあんなにも大きくしてくれたのは、きっと彼女が初めてのように感じます。

大きくなったアソコを見た彼女は、そのままふっくらとしたおっぱいで包み込みます。その柔らかさといやらしい音を聞くと、それだけでもご馳走でお腹がいっぱい。でも、肝心の素股を楽しんでいなかったので、イク前に寸止めをして、何とかお目当ての素股を楽しませてもらいました。正常位素股しかしなかったのですが、ピストンに合わせておっぱいが揺れるという、見るからにいやらしく感じるプレイを堪能しました。渋谷の高級デリヘルは、やっぱり豪遊するに相応しい存在です。