渋谷から高級デリヘルを手配した結果

渋谷から高級デリヘルを手配すると、割と近くで仕事をしていた子だと、待ち時間がほとんどなく来てくれることがあります。やはり、地方に住んでいた時とは違って、都内各所からアクセスできる位置に住んでいると、風俗のサービスの恩恵がたっぷりと感じられます。

僕が愛している高級デリヘルは、渋谷への派遣は交通費が1000円という破格。ホテル代を費やしたとしても大きな負担にはなりません。その分をオプション利用に回すことも多いです。スタンダードなメニューで楽しむのも良いのですが、女性を気持ち良くさせるバイブやローターをお願いすると、テクニックに不安を抱いている僕にも安心です。

今回もローターをお願いして高級デリヘル嬢を呼びました。いつも利用している渋谷のホテルは、居心地も良くて早めにチェックインをしながら、ビール片手にテレビを見て待つのがいつもの過ごし方です。今回はお笑い番組を見ている時に高級デリヘル嬢が到着。一緒にテレビを見ながら話をして過ごしました。そんな彼女は僕で勤務が終わりということで、ビール片手に乾杯をしました。

ビールを飲みながら話を勧めていくと、積極的な彼女は僕に抱き着き、そのままディープキス。こんなにもグイグイ来てくれる女性は、男としては嬉しいものです。独身男性は女に飢えていることもあって、密着度の高いサービスを施されると、恋愛感情を抱いてしまいます。そんなしょうもない気持ちを押さえつつ、僕は狭い部屋で美女を抱きました。

スタイルは100点満点というか、それ以上に満足できるくらいです。きっと高級デリヘルで働く女性は、これくらいのスタイルを持っていなければダメなのでしょうね。渋谷には綺麗な女性がたくさん居ますが、風俗店はそれぞれに特徴を持たせているので、モデル体型をウリにしているところもあれば、ぽっちゃりでもサービスが凄いというお店もあります。今回利用したお店は前者のタイプです。

フェラのテクニックは勉強中ということもあり、まだまだこれから成長が期待できるくらいです。でも、玉舐めのサービスは大興奮でした。あそこまで際どいラインを舐めてくれると、勃起がいつもよりも硬く成長します。小さなお口で咥えてくれるのもゾクゾクしましたし、子供のような屈託のない笑顔を見せてくれながら美味しそうに音を立てるいやらしさも、高級店を利用したメリットです。今回は素股よりもフェラを重視してもらいながら、高級デリヘルの楽しさを味わった気がします。